大田区 製本業 無線綴じ 中綴じ 仕上げ折加工

特徴と強み

特徴と強み

【無線綴のA4横クルミ加工】
横本の折を巻き折にする場合が多いですが、巻折の場合折シワが如何しても避けがたく、しかもA4サイズの巻折だと標準の丁合機に入りません。
弊社では、丁合後に反転装置を装備している為、通常のクロス折の面付けで良く、しかも特注PC制御ロータリ‐式表紙フィーダーにより横本最大小口サイズ318mm天地サイズ235mmが可能です。


【両・片観音表紙の無線綴】
特注PC制御ロータリ-式表紙フィーダーにより両観音、片観音表紙の製本が無理なく可能です。



【広開本自社で出来る】
表紙の加工に特徴のあるノドまで開く本が自社で製本可能です。ただし頁数によりあまりメリット効果が無い場合、表紙の加工上の提案がありますので、事前にご相談下さい。



【乱丁防止、取込、落丁検知器の完備 (無線綴機だけでなく、貼込機にもカメラ)】
無線綴の丁合機に上からCCDカメラ検知器下からセンサー検知器を装備しているのは言うまでもなく、弊社では一番トラブルになり易い貼り込み時の乱丁防止対策にも力をいれ、貼り込み機に上からCCDカメラ検知器、下からはファジコムセンサーを装備する事により、より一層良品の製本を可能にしました。
 


【中綴カメラ/センサー装備】
中綴機に下からセンサー検知、上からはCCDカメラ検知器を装備し、異常検知の物は全て自動排出する為、人的ミスが無く良品の製本が可能です。
 


【ネットワークで】
A.デザイン会社紹介
デザイン料金の適正ってどれくらいでしょうか? 我がグループでは事前の作業工程、コスト計算を行い、プレゼンを行ってのご提案を心がけていますので、納得のいく製品をご提供いたします。
 


B.製本~仕訳~梱包~発送迄手配
加工後のアッセンブリーの手配は管理が大変です。 製本の加工後のアッセンブリーを一手にお任せ下さい。内職、セット作業、抜き加工、箔加工、梱包、発送の一環した管理を提供いたします。
 



C.上製本手配、アルバム製本
製本分野では、一般に帳票、雑誌、上製本、アルバム製本は製本工程が異なる為、それぞれ専門分野での営業を展開しておりますが、(株)セグチでは永年培った協力会社の連携により、一環した手配が可能です。
 



D.納品運送手配(全国)
紙関係の運送は慣れが必要です。配車の手配を(株)セグチが一手にお受け致します。